WordPressの表示速度が遅くてお悩みですか?
ウェブサイトの表示速度はユーザーの満足度に影響するだけでなく、
検索順位(SEO)、しいては売上にも大きく影響します。

WordPress専門の高速化代行サービス『ラクハヤ』とは?

今や世界で最も使われているWebサイト制作システム「WordPress」。
あなたのWebサイトもWordPressで作られているのではないでしょうか?
WordPressはサイト制作に不慣れな方でも簡単にサイトやブログが作れる優れたシステムです。
ですが、どんなに優れたシステムで綺麗なサイトを作ったとしても、ユーザーに見てもらえなければ意味がありません。
そして、ユーザーに見てもらえるかどうか、いま最も重要視されているのはサイトの表示スピードなのです。
そんな表示スピードを楽(ラク)して速(ハヤ)くできるのが、この高速化代行サービス『ラクハヤ』です。

WordPressの表示が遅いとどうなるのか?

検索順位の低下

サイトの表示スピードは検索エンジンGoogleのSEO指標として公式に取り入れられています。そのため、ページの表示速度が遅いほど検索順位が下がってしまう可能性があります。

アクセス数の減少

ページの読み込み時間が1秒遅くなるとページビューは11%減少すると言われており(Aberdeen Groupの調査より)、表示速度が遅くなるほどユーザーはそのサイトを見なくなってしまいます。

売上の減少

また、表示速度が1秒遅くなるとコンバージョン率(成約率)が7%下がる言われており(Aberdeen Groupの調査より)、表示速度が遅くなるほどそのサイトから生まれる売上が減少してしまいます。

WordPress高速化の3大ポイント

キャッシュ

キャッシュ

通常Webサイトが表示される際、画像・テキスト・プログラムなどたくさんの情報を一気に読み込んでいます。それでは読み込みが遅くなってしまうため、ページ情報を予め履歴(キャッシュ)として残すことで、無駄な読み込みを省き表示スピードを速くできます。

画像処理

画像処理

ページ情報の中で最もデータ量がかさんでしまうのが画像ファイルです。そのため、サイト内に保存された画像ファイルの容量を圧縮する(画像軽量化)画面内に映った画像のみ順次表示させる(遅延読み込み)などすることで、サイトの表示スピードを速くできます。

プログラムの最適化

プログラムの最適化

キャッシュや画像処理をしたとしても、サイト内のプログラムコードが汚かったり、不必要なコードが大量に読み込まれていると、表示スピードダウンの原因となります。そんな時はプログラムコードを最適化する不要コードを読み込まないよう修正することで表示スピードを速くできます。

『ラクハヤ』ではここで挙げた3大ポイントを始め、あなたのWordPressに応じた最適な対策を施し、サイトスピードの高速化を代行させていただきます。お見積りは無料です。サイトの表示が遅いことで損してしまう前に、今すぐ下記からご相談ください。